水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~(滋賀展)

滋賀県
©水木プロダクション

日本漫画界を代表する水木しげる(1922~2015)。漫画連載の傍ら、妖怪研究の様々な文献を紐解き、生涯にわたり数多くの妖怪画を描き続けた。
本展では、百鬼夜行の名にふさわしく、水木の妖怪画100点以上を一挙公開する他、江戸時代の絵師・鳥山石燕(1712~1788)の『画図百鬼夜行』、昭和初期の民俗学者・柳田國男(1875~1962)の『妖怪談義』など、水木自身が所蔵する妖怪関係資料を初めて公開する。


代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ多くの妖怪作品を生み出した水木しげるは、「妖怪」という言葉が一般に広がるきっかけを作っただけでなく、その後も長きにわたり妖怪ブームの原動力を担い続けた。
現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせた水木が、どのように妖怪と向き合い、描いてきたのか、本展を通して妖怪を身近に感じ、今なお多くの人を魅了し続ける水木の世界観を堪能できる展覧会だ。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る