石井春 アズレージョと空間

兵庫県

白地にブルーの彩色が鮮やかなポルトガルの装飾タイル「アズレージョ」。その美しさに魅せられてポルトガルに渡り、伝統技法を学んだ造形作家の石井春は、日本人ならではの感性を加えて、アズレージョを用いたオブジェをつくり続けている。
古めかしい装飾タイルがいかにして空間を彩る現代アートになるのだろうか。最新作を通してその秘密に迫る。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る