アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

東京都

「アーツ・アンド・クラフツ」という言葉は、聞き馴染みのない方も多いかもしれないが、一言でいえば19世紀のイギリスで始まったデザインの革新運動である。それは、人々の暮らしとデザインの関係を大きく変えた運動だった。たとえば、「よいデザインのものは、美しいだけでなく使いやすい」ということは今では当たり前だが、この考え方のもとにもアーツ・アンド・クラフツがあるのだ。
運動の始まりをたどると、ウィリアム・モリスが新婚の頃に建てた家レッド・ハウスに行き着く。心地よく暮らせる美しい家にしようと、モリス自身が友人たちと力を合わせ壁紙や窓ガラスの装飾を手作りした家。モリスは「世界でいちばん美しい家」と呼んだ。


そんなささやかな手仕事からはじまったアーツ・アンド・クラフツの精神は、やがてヨーロッパ中に、さらに日本やアメリカにまで広がった。本展では、イギリスを中心に、アメリカでの動向も加え、アーツ・アンド・クラフツの展開を紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る