コレクター福富太郎の眼 昭和の名実業家が愛した珠玉のコレクション(岩手展)

岩手県

昭和の「キャバレー王」として知られた福富太郎(1931~2018)は、戦後の高度経済成長とともに全国にキャバレーを展開し、実業家として成功をおさめた。また、テレビやラジオ番組に出演し、その軽妙でユーモアあふれる語り口が人気を博し、キャバレー太郎の異名をとった。
その一方で彼は美術品蒐集にも熱中し、著名な作家に限らず未評価の画家であっても、自らの感性に合えば求め、他とは一線を画す「福富コレクション」を築いていく。さらに彼は、資料や情報をもとに作品への理解を深め、著述や講演を通して、自らの蒐集品を広く紹介した。
本展では、蒐集のきっかけとなった日本画家の鏑木清方を代表とする美人画をはじめ、明治の洋画黎明期から戦争画にいたるまで、彼がこよなく愛した絵画80点余りを紹介。生前の福富と親交のあった美術史家・山下裕二氏の監修により、福富のコレクターとしての審美眼に焦点を当てながら、コレクションの全体像を明らかにしていく初の展覧会である。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る