弘法大師空海誕生1250年記念 国宝高野山金剛峯寺展

愛媛県

来る令和5年(2023)は、弘法大師空海(774~835)の誕生1250年という大きな節目にあたる。本展はこれを記念し、空海が開いた高野山金剛峯寺の名宝約40件を選りすぐって紹介するもの。唐へ渡り、密教の正統を受け継いだ空海は、弘仁7年(816)、密教の奥義を究める修行の道場として、嵯峨天皇より勅許を得て高野山を開いた。承和2年(835)に奥之院において入定し、今なおこの地で衆生の救済のために祈りを捧げていると信じられている。開創以来の1200年の歴史の中で、高野山は真言密教の聖地として、また空海を慕う人々の憧れの地として、時代や宗派を超えた信仰を集めてきた。皇族や貴族、また有力大名ら時の権力者が、当時の最高の技術をもって制作させた仏像、仏画、工芸品などを寄進し、その結果、わが国でも最大規模にして最高水準の仏教美術の宝庫が形成され、歴史的・文化的に世界に誇る数々の文化財が今日まで大切に守り伝えられてきたことから「山の正倉院」とも言われる。
本展を通して、空海の精神と壮大な高野山の歴史に育まれたわが国の文化の精髄に触れてほしい。また高野山と伊予とのつながりを示す資料も併せて紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る