大乙嫁語り展

京都府
© Kaoru Mori  © KADOKAWA CORPORATION 2022

「乙嫁語り」は19世紀半ばの中央アジアを舞台に、イギリス人旅行者スミスが各地で出会った“乙嫁”(美しいお嫁さん)たちを描いた物語。漫画家・森薫先生が2008年より連載開始し、今なお続く人気作品である。魅力的なキャラクターとストーリー、緻密に描き込まれた美麗な作画に加え、舞台となる中央アジアの文化や生活が活き活きと表現され、幅広いファン層に支持されている。
『大乙嫁語り展』では、本作のカラー、モノクロ原稿を中心に100点以上の迫力の生原画を通して、壮大な乙嫁の世界をじっくりと楽しめる。
森薫先生の肉筆イラストを通じて、スミス一行や、主人公の一人・アミルら乙嫁たちの軌跡と中央アジアの空気を、ぜひ会場で体感してほしい。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る