特別展「風景が物語る瀬戸内の力―自然・歴史・人の共鳴―」

香川県

瀬戸内国際芸術祭2022参加展覧会として、瀬戸内海がメインテーマの厳選された約100点の絵画だけに的を絞った展覧会。
瀬戸内海は、日本最大の内海として、本州、四国、九州にある11府県の沿岸によって囲まれ、その海岸線の距離は7,230kmにも及び、内海に浮かぶ島々は700以上ある。古くから瀬戸内には、多島海の豊かな自然に、人々が積み重ねた歴史や暮らしが溶け込み、自然景と人文景が共鳴した風景が広がっていた。
本展は関西、中四国の30件以上の所蔵者からの<ユートピア><自然><生活><名所><近現代そして未来>の5つのテーマをもとにした作品を紹介。中世から現代までの、各地の瀬戸内海の姿を表わした作品が一堂に会し、歴史、民俗、美術、自然など、これまでにない多面的な視点から瀬戸内海の魅力をひも解く。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る