開館40周年記念 前田青邨展 究極の白、天上の碧-近代日本画の到達点-

岐阜県

中津川市出身で大正から昭和の日本美術院で中核を担った日本画家、前田青邨(1885~1977)の回顧展を開催する。
青邨は16歳で梶田半古に師事し、写生と古画研究によって実力を身につけた。また、尊敬する岡倉天心や下村観山からも指導を受けながら、同世代の精鋭と研鑽を積んだ。そして、朝鮮半島や中国への旅行、欧州留学によって異文化を体験する中で日本画の将来性の確信を得て、以後92歳まで意欲的な制作を続けた。
歴史人物画の名手として知られ、中でも2010年に重要文化財に指定された《洞窟の頼朝》(大倉集古館蔵)が有名だが、本展ではこの名作が全期間通しで展観される。さらにルネサンス期の壁画に触発されたモニュメンタルな大作《羅馬使節(ローマしせつ)》(早稲田大学 會津八一記念博物館蔵)は約40年ぶりの郷土での公開となる。日本画の技法で表された自画像の名品《白頭》(東京藝術大学蔵)、やまと絵に学んだ華麗な色彩が目を惹く《紅白梅》(ひろしま美術館蔵)等の代表作も集結。依頼に応じて楽しみながら描いた小品も厳選して、初期から晩年まで100点を超える作品群によって、稀有なる日本画の巨匠・前田青邨の全貌を紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る