加賀宝生のすべて 能面と能装束

石川県

「能」は加賀藩より続く、金沢の伝統文化のひとつである。中でも宝生流の能が盛んであったことから「加賀宝生」と称されている。しかし、その繁栄の象徴ともいえる加賀藩前田家所蔵の能装束は、明治期の混乱と大正昭和期の売立等によりほとんど散逸してしまった。
本展は、各地に散逸した前田家伝来の能装束を一堂に集め、多彩で華やかな能装束の展示をとおして、「加賀宝生」の栄華を再現するとともに、能面と能楽資料もあわせて紹介し、地方において独自の展開を遂げた加賀藩の能楽史を再考するもの。令和4年は石川県立能楽堂開館50周年にあたる。本展で紹介する約80点の作品によって、能に関心を持ち、より理解を深め、能楽堂へ足を運ぶきっかけになってほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る