特別展「福山城築城400年記念事業 リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと」

広島県

明治期の日本は近代化する過程において西洋由来の新たな写実表現を受容してきた。これは、既存の写実方法や感性を新たに上書きする、もしくは書き替える作業であったことと思われる。
今、日本においては、写実ブームが到来し、現代の作家が手がけた作品に先祖返りのような要素が見受けられる。これは、旧来の伝統的な写実が息づいている証であり、連綿と続く写実の流れが、いわば間歇泉の様に、息吹となって彼らの作品を介して噴出しているといえる。また、彼らの作品の中には近代的なものと伝統的なものが拮抗し、新たな写実を模索している姿勢も見出せる。このような傾向は、江戸末期から活躍した高橋由一まで遡ることができる。
この時代は、明治期に西洋からもたらされたリアリズムが、日本古来の迫真的な表現と出会い、化学反応を起こし、日本独自の写実が誕生した。本展は、明治期の松本喜三郎らの生人形作品を導入として、日本を代表する福山ゆかりの彫刻家、平櫛田中の彫刻作品から、現代作家の平面、立体作品群まで、日本の近現代美術における写実表現のありようを紹介する。
また、城下町福山においては、幕末から明治期に京都で学んだ画家を多数輩出しており、写実(作品)に対する意識が高いといえる。出品作から、現在の美術の動向などへの興味・関心をさらに深め、写実の多様性を広く知ってもらいたい。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る