旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

東京都

旅に出たい。ここではないどこかへ行きたい。移動の自由が制限された2年半、世界中の人々が旅を諦めた。
この期間中に旅への想いが募り、自分の中の旅願望に気付いた人も少なくないだろう。いったい旅とはいかなるものなのか。
本展はこうした問いの行方を、他者の旅を手がかりに、再考するための“旅のアンソロジー”。イントロダクションとなるのは、庭園美術館の本館建築に大きな影響を与えた朝香宮夫妻の100年前の欧州旅行。1920年代の旅風景を美術工芸品と資料によって描き出す。
それに続き、ある個人コレクターの鉄道資料蒐集の旅、そして現代アーティストたちによる旧朝香宮邸をめぐる作品を、建築空間を生かしたインスタレーションによって紹介する。それぞれの旅に潜む物語は、もはや旅が旅人だけのものではなく、受け取る側のあなたと共有され、想像の中で経験されることを待っていると言えるだろう。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る