こわくて、たのしいスイスの絵本

京都府

スイスの文化が息づく絵本を紹介する展覧会を開催する。
ベルンに生まれたエルンスト・クライドルフ(1863~1956)は、アルプスの草花を擬人化した『花のメルヘン』をはじめ、数々の絵本を手がけ、絵本文化が花ひらいた当時のヨーロッパで、その先駆けのひとりとなった。ハンス・フィッシャー(1909~1958)は、勢いのある線を重ねて絵を描き、『ブレーメンのおんがくたい』や、『こねこのぴっち』などを発表し、人気を博した。フェリックス・ホフマン(1911~1975)がわが子へ贈るために手作りした『おおかみと七ひきのこやぎ』は、日本でも長く愛される絵本となっている。また、『スイスの伝説』ではユーモアあふれる挿絵も描いた。
草花や風俗、地方の伝説などを通じ、スイスらしさをそれぞれに表現した彼らが手がけた絵本や挿絵には、楽しそうに見えていてもじつはこわい場面や、こわそうに見えていても楽しい場面が描かれている。
同館の本館である大山崎山荘を建てた加賀正太郎は、スイスの名峰ユングフラウに登頂した初めての日本人として山岳史に名をのこしている。加賀は山を愛し、自然をいつくしみた。この大山崎とスイスの交流を記念して、長野県にある小さな絵本美術館協力のもと、3作家の原画やリトグラフ、手描き絵本など約70点を紹介。すこしこわいけれど、楽しいスイスの絵本の世界が楽しめる展覧会。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る