秋季特別展 名物―由緒正しき宝物―

愛知県

室町時代頃から、茶の湯道具や刀剣などを主として、名の知られた優品は「名物」と呼ばれるようになった。名物の条件には、そのものの魅力や世間で有名であることのみならず、戦国武将や千利休などの茶人といった歴史的人物によって有されていたこと―由緒―に重きが置かれていた。歴史的なお墨付きを得た作品とも言える名物は、現代の作品評価にも大きな影響をのこしている。
本展は、尾張徳川家が収蔵した茶の湯道具と刀剣を中心として、名だたる名物の数々を紹介するとともに、その展開をたどる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る