[館蔵]秋の優品展 禅宗の嵐

東京都

鎌倉時代に本格的に伝来した禅宗は、武家の帰依を集め、後世の美術や文学の新たな基調となった。本展では、五島美術館と大東急記念文庫の収蔵品から、高僧の墨跡や語録、禅画、古写経など、国宝・重要文化財を含めた計約60件を一堂に展示。特集展示として館蔵の日本陶磁コレクションも同時公開する。
国宝「紫式部日記絵巻 五島本第一・二・三段」(10月8日~)を特別展示予定。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る