秋季特別展 大阪日本民芸館50周年記念「濱田庄司と柳宗理 ―ふたりの館長―」

大阪府

陶芸とプロダクトデザイン、それぞれの分野を牽引した濱田庄司(1894~1978)、柳宗理(1915~2011)。濱田は大阪日本民芸館の初代館長を、柳は二代目館長を務め、同館には彼らにゆかりの作品が多数収蔵されている。分野は違えども、二人の館長は大阪日本民芸館の萬集や展示に関して、一様に「新作の蒐集・紹介こそ目標であり使命」と考えていた。
初代館長である濱田庄司は、同館の前身となるパビリオン「日本民藝館」(大阪万博にて出展)で名誉館長を、1972年に「大阪日本民芸館」が開館して以降は亡くなる直前まで館長を務めた。パビリオン「日本民藝館」では、民藝の将来性を示すという方針を主導し、自ら展示ケースの設計にも加わった。大阪日本民芸館として開館して以降もその方向性は変わらず、新作の蒐集を積極的に行った。
二代目館長である柳宗理は、1978年から館長を務め、インドを中心に海外の染織品や沖縄の陶磁器、そして濱田と同様に当時の新作の蒐集に携わった。さらに、展覧会のポスターや図録の製作も手掛け、デザイナーとしての手腕を発揮した。
本展では、大阪日本民芸館の館長としての濱田庄司・柳宗理に着目し、彼らにゆかりの収蔵品や彼らと民藝との出会いによって生まれた作品を紹介する。それぞれがどのように民藝と向き合い、館長としてなにを遺したのか、ふたりの館長の仕事の軌跡をたどる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る