開館15周年 生誕120年 猪熊弦一郎展

神奈川県

猪熊弦一郎(1902~1993)は20世紀日本を代表する画家である。香川県に生まれ、東京美術学校で藤島武二に師事。1934年までは帝展で、1936年に新制作派協会を結成すると以後同展を中心に作品を発表した。1938年渡仏し、マティス、ピカソと交流。第二次世界大戦の戦火を逃れて帰国した後はフィリピン、ビルマに派遣され作戦記録画を制作、戦後は三越百貨店の包装紙デザイン(1950年)をはじめ、慶應義塾大学学生ホール(1949年)や上野駅中央コンコース(1951年)の壁画を手がけるなど、社会とのかかわりを強めていった。1955年再渡仏の途上で立ち寄ったニューヨークに魅せられ同地に留まり約20年間制作を続け、1975年からはハワイと東京を拠点に制作するようになった。少年時代を過ごした丸亀市に猪熊弦一郎現代美術館が1991年に開館すると所蔵する全作品を寄贈した。
本展では、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館協力のもと、代表作とともに壁画やデザインの仕事に関する資料、身近な素材で作ったオブジェなど約100点を展示し、多才な画家の全貌に迫る。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る