バンクシーって誰?展(富山展)

富山県

ストリートで表現を続けるアート界の異端児“バンクシー”。2018年、少女と赤い風船を描いた作品が高額落札されるや、額に仕込まれたシュレッダーで突如裁断されるという事件が瞬く間に世界中で報道され、話題をさらった。日本では、バンクシー作品と思われるネズミの絵が東京で発見され、大手メディアやSNSで拡散されて認知度が上がった。しかし依然バンクシーは謎に包まれた存在だ。
本展では、バンクシーの作品でも知名度が高い「風船と少女」など、プライベートコレクター秘蔵の作品を展示予定。更に、ストリート作品に焦点を当てた没入型の街並み再現展示があり、この2つの要素で構成される。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る