開館20周年記念 ロマンティック・プログレス

岐阜県

岐阜県現代陶芸美術館は、本年開館20周年を迎える。陶芸を取り巻く状況を俯瞰すると、とりわけこの20年間の変化は目まぐるしいものであった。本展では、同館が開館以来収集してきた近現代の作品と現在活躍する作家の作品を対峙させることで、新たな文脈から陶表現の過去・現在・未来を探る。
歴史は、予期せぬ事態の繰り返しにより紡がれてきた。つまり、さまざまな時間、地域、人、そして作品が複雑に絡み合い、思わぬ相互作用が生じることで進展してきたのだ。それはまさに、ロマンティック・プログレスと言えるだろう。元来、陶芸は産業や工業と分かちがたく結びついていたため、19世紀後期において美術から切り離されるに至る。これもまたロマンティック・プログレスであり、こうした事象こそが今日の陶芸をかたち作っているのだ。過去と現在が照射し合うことで描かれる、新たな未来像を展示を通して楽しんでほしい。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る