美術館「えき」KYOTO開館25周年記念 シダネルとマルタン展 最後の印象派

京都府

19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍したアンリ・ル・シダネル(1862~1939)とアンリ・マルタン(1860~1943)。共に印象派、新印象派の流れを汲みつつ、象徴主義など同時代の表現技法を吸収しながら幻想的な主題を扱ったほか、生活の情景や身近な人々を親密な情感を込めて描くアンティミスト(親密派)としても知られている。2人は1891年の最初の出会い以降、生涯にわたり親交を深めたが、シダネルは北フランスで薄明かりに包まれた穏やかな光を、マルタンは南フランスで陽に照らされた明るい光を描き出し、それぞれ独自の画風を築いた。
本展では、これまで日本で紹介される機会の少なかった2人の画家の画業を9つの章に分けて紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る