河鍋暁斎と陶俑

東京都

幕末から明治に活躍した、天才絵師・河鍋暁斎(1831~1889)の絵画を展示する。幼少期より写生を好み、七歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始め、続いて駿河台狩野派に入門した暁斎。狩野派の先人たちや、古画を徹底的に学び、多岐にわたるジャンルで優れた作品を多く遺した。抜群の画力と奇抜な着想で描かれた仏画、戯画、美人画など、河鍋暁斎のエッセンスが詰まった13件の絵画作品を紹介する。さらに中国で作られたさまざまな人物や動物の姿を写したやきもの、陶俑も展示。陶俑は彫刻的な美しさだけでなく、当時の風俗や流行を鑑賞できる点も魅力である。その他、アジアの彫刻や岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る