立花文穂展 印象 IT’S ONLY A PAPER MOON

茨城県

文字や紙、本を素材・テーマに作品を制作してきたアーティスト、立花文穂(1968年広島市生まれ)による、美術館での初個展を開催。
製本業を営む家に生まれた立花は、幼少期より身近に存在した紙や印刷物、文字などから着想を得て、「よせ集める」「つなぎ合わせる」という行為を通じ新たなかたちをつくりだした。2000年に入り活版による印刷物や大判カメラで撮影した写真、さらにブロンズによる彫刻など「文字」を基軸にした作品を制作し表現を探ってきた。同時に、葉がきからポスターまで多種多様な印刷物や本などのグラフィックデザインで高い評価を得るなど分野を横断して活動。2007年から責任編集とデザインを自らが担当し発信する媒体として刊行する『球体』もその一つである。
立花の表現の原点には、紙に触れること、文字を書くこと、がある。それらは、実父が営んできた製本所の存在、子どもの頃から親しんだ「書」、そして彼の生まれ故郷である広島の歴史と記憶へとつながっていく。近年、立花は、筆を持ち「書」のような作品へと回帰している。
本展は、「印象」(英語では「IMPRINT/IMPRESS」)というタイトルのもと、印刷/印字と象形(かたどる/かたちづくる)という立花の創作の思想・思考に深く触れられる機会となるだろう。美術館における初の個展として、本展に合わせて制作される新作とともに、彼の四半世紀にわたる創作を総体的に紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る