絶景を描く ―江戸時代の風景表現―

静岡県

日本列島の津々浦々に点在する素晴らしい景色は、古くから人々の目を楽しませ、描かれてきた。本展では、同館および個人所蔵作品などから、各地の絶景を描いた江戸時代の絵画を中心に展示する。 本展では、いくつかのセクションに分けて、絶景の魅力を読み解く。はじめに、古くから和歌に詠まれてきた名所を題材にした作例を紹介。続いて、関西の南画家たちによって試みられた各地の名勝を理想化する表現、関東の画家たちが中心となって追究した迫真的表現などに注目。 展示の最後には、作品の題材となった風景が辿った歴史にも迫り、風景表現の展開を異なる観点から紹介する。画家たちが追い求めた絶景を巡る旅を堪能できる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る