芹沢銈介の文字

静岡県

芹沢銈介の仕事の中でも人気のある、文字表現に焦点を当てた展覧会。
若き日から書を得意とした芹沢は、早くから作品に文字を取り入れ、のれん、帯地、着物、屏風、染絵額、型染うちわなどを手がけ、また書作品も多数残している。
本展では、芹沢の多彩な仕事のジャンルから文字作品100点をとり上げて紹介する。後半の展示室3室には、芹沢が集めた世界の収集品の中から「朝鮮民画」を特集する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る