柳宗悦と朝鮮の工芸 陶磁器の美に導かれて

東京都

柳宗悦は早くから朝鮮時代の工芸に注目し、その透徹した審美眼によって優れた蒐集を成した。そして、その美に触発されて数々の論考を著し、展覧会を通して朝鮮工芸の魅力を世に問い続けてきた。
本展では館蔵する陶磁器を中心に、絵画や木工品、石工品、金工品などを展示して、それらに宿る民族独自の造形美を紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る