ハイジ展-あの子の足音がきこえる-

静岡県

“ハイジ”の物語の原作は、スイス人作家ヨハンナ・シュピーリが1880年にドイツで出版した『ハイジの修業時代と遍歴時代』と、翌年に出版した続編『ハイジは習ったことを役立てる』の2冊の小説である。幼くして両親を亡くした主人公ハイジが、社会や大人たちの事情に翻弄されながらも、アルムの山のおじいさん、ヤギ飼いの少年ペーター、フランクフルトの富豪ゼーゼマン家の、足が不自由な少女クララ等の登場人物との出会いを通して、力強く生きる姿が描かれている。
この小説は約70の言語に翻訳され、派生作品や映像化作品を含めると無数の“ハイジ”のイメージが世界中に拡散している。日本では、1920年(大正9年)の野上彌生子による初訳以降、多くの訳本が出版されてきた。特に少女雑誌というメディアを中心に、日本独特の「かわいい」ハイジ像が可視化された。
“ハイジ”と聞いて、日本人の多くが想像するのが、1974年(昭和49年)に放送されたテレビアニメーション『アルプスの少女ハイジ』に描かれる「かわいい」ハイジの姿ではないだろうか。このアニメーションは、監督の高畑勲、場面設定の宮崎駿、作画監督の小田部羊一ら、超一流のスタッフにより制作された。物語の舞台であるスイスへ赴き、日本のテレビアニメーション史上初の海外ロケハンを行った作品であり、放送から50年近く経つ現在でも、多言語への吹替版を含め、世界中の人々の心を捉え続けている。
本展は、浜松市美術館の完全オリジナル企画で、“ハイジ”という物語の価値や魅力を「文学」、「アニメーション」の双方から再構築。はじめに、原作者シュピーリ直筆の手紙、原書や翻訳本に掲載された挿絵やイラストの原画等を展示し、原作者シュピーリの生涯を激動の時代背景と共に紹介。次に、日本を含めた世界各国の“ハイジ”の翻訳や映画作品、絵本等を通して、海外と日本での受容を比較する。そして、テレビアニメーション『アルプスの少女ハイジ』の制作者による企画や原作の解釈、映像化のための工夫等を、当時の制作資料(原画、レイアウト、絵コンテ、セル画、背景画等)をもとに紹介し、アニメーション作りの仕組みを紐解く。
本展は展示品の多くを「実物」、「制作当初の物」で構成することにこだわった。展示総数500点を超える、まさに「本気のハイジ展」となっている。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る