特別展「欲望の昭和 ~戦後日本と若者たち~」

宮城県

昭和20年8月15日、この日を境に日本はより良い明日を求め「豊かな人なみの暮らし実現」という欲望を募らせながら経済社会を発展させてきた。その過程で、欲望実現としての「消費」の意味は、生活必需品の「買い物」に加え、「自分らしさの表現」、さらにはレジャーとしての「ショッピング」など様々に拡張変化していった。
この「消費」の意味の変化は、戦後の「若者」という「新しい消費の担い手」の出現が契機となり、彼らによって推し進められていったのだ。
本展では、「欲望の実現としての消費」をキーワードに、敗戦後の新しい日常としての「豊かな人なみの暮らし実現」の歩みと、豊かさの実現の中で消費活動の主体の1つとなっていった若者のすがたを折々の彼らにまつわるトピックスとともに振り返っていく。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る