ノーマン・ロックウェル展

愛知県

瀬戸で制作された陶磁器製の置物や装飾品、人形は「セト・ノベルティ」と呼ばれ海外の人々に愛されていた。陶磁器製の置物自体は既に15世紀のイタリアや、18世紀のドイツなどで作られ始め、戦後の日本においては愛知県瀬戸市からアメリカなどに向けて輸出された。これらを語るのに欠かせないもののひとつが、古き良きアメリカを描いた人気イラストレーターのノーマン・ロックウェル作品のノベルティである。代表作をもとに瀬戸の職人によって、立体的に仕上げるための原型や鋳込み成型の技術が注ぎ込まれ、平面画のイラストでは見ることのできない構図を作り上げた。さらに人形の絵付けにより、喜怒哀楽が表情豊かに表現されたのだ。こうして人気画家の作品を手掛け、精巧で品質の高いものに仕上げたことなどからセト・ノベルティは隆盛を極めた。
本展では、ノーマン・ロックウェルのノベルティを通して、瀬戸の製陶技術の素晴らしさ、そしてハートウォーミングなアメリカンライフが楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る