竹久夢二展 ~憧れの欧米への旅~

石川県

叙情的な作風と限りない愛を求めた自由奔放な生き方で今なお多くのファンを魅了する画家・竹久夢二(1884~1934)。1905(明治38年)に22歳でデビューして以来、新聞の飾り絵であるコマ絵や挿絵を数多く発表した。その叙情的な作品は「夢二式美人画」と呼ばれ、「大正の浮世絵師」とも称される。
本展では、日本有数の夢二コレクターである中右瑛(なかうえい)氏の貴重な所蔵品の中から、肉筆画や版画、デッサンのほか、夢二最後の旅である滞欧・滞米時のスケッチなどを特別公開。哀愁とロマンあふれる夢二の世界を紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る