鉄道開通150年記念 企画展 湘南電鉄と県立金沢文庫 ―楠山永雄コレクション鉄道資料―

神奈川県

昭和5年(1930)8月の神奈川県立金沢文庫開館に先立ち、4月1日に湘南電鉄(現京浜急行電鉄)が開業し、金沢文庫駅が誕生した。金沢八景を中心とした楠山永雄コレクションには、関連資料として湘南電鉄も含まれている。
楠山永雄コレクションの鉄道関係資料には湘南電鉄・京浜電鉄のパンフレットや切符が数多くあり、切符は金沢八景、金沢文庫、能見台などと駅ごとに整理されている。横須賀軍港・キリンビール間の切符などは今はなき駅名を教えてくれる。また「湘南」から「京浜」に代わり今の「京急」に変わった駅の改名記念入場券などをはじめ、記念切符は干支にちなんだ初詣切符、走行距離記念、新型車両など様々だ。国鉄・JRの切符は戦前の2等切符もあり、横須賀線の記念切符が多く集められている。昭和初期の駅スタンプも各駅の名物がわかるものです。横浜市電、シーサイドラインの切符類なども含まれている。
本展では、これらの鉄道関係資料を一堂に展示。また、楠山氏が勤めていた乳業会社関連で集めた牛関係資料や、戦争関係資料も展示し、楠山永雄コレクションの多彩さを紹する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る