一笑一顰(いっしょういっぴん)-日本美術に描かれた顔-

奈良県

一笑一顰(いっしょういっぴん)とは、微笑んだり眉をひそめたりといった、ちょっとした表情の変化のことを指す。人物の喜びや不快感を、顔や仕草であからさまに描き出した絵画がある一方で、描かれた表情だけではその思いを読み取ることの難しい作品もある。
本展では、同館所蔵の人物画の数々に、印象的な顔の描かれた作品を加えて展示する。作品の背景となる物語や解釈もあわせて紹介しながら、日本美術に描かれた人々の表情にあらわれた美しさや魅力に迫る。顔や仕草に注目して鑑賞することで、彼ら彼女らがより身近に見えてくるかもしれない。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る