小原古邨 海をこえた花鳥の世界 ―原安三郎コレクションを中心に

静岡県

公式サイト

にわか雨に佇む白鷺、雫に濡れた葉蔭の雀、陽ざしのなかに舞う蝶 ― 自然とともにいきる鳥や虫たちの姿が、深く心に刻まれる。
小原古邨(1877~1945)は金沢に生まれ、鈴木華邨に日本画を学び、のちに木版画を手掛けた。古邨は、生きものの姿かたちを細やかにとらえ、余白に湿潤な大気をも感じさせる、日本画としての自然描写に徹した。原画の趣は浮世絵伝統の精緻な彫や摺の技で見事に息づき、欧米で高く評価された。
古邨亡き後、その名を知る人は少なくなったが、近年公開された、原安三郎旧蔵の古邨版画250余点は、画業を顕彰する新たな光となった。
本展では、同コレクションや小原家所蔵の名品に、師・鈴木華邨の絵画等を合わせた約100点を紹介。欧米で愛された、繊細で色彩豊かな古邨の花鳥画が楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る