区制施行90周年記念 館蔵品展 ぞろぞろ・わいわい・人だらけ―狩野派も、それ以外も

東京都

人びとの姿かたちを表現した絵画には、数多くのテーマがある。同館のコレクションには、江戸時代を中心に個性豊かな人物を描いた作品が揃っている。例として、礼拝の対象とされる肖像画、憧れや好奇の眼差しを向けられた美人や異国の人の姿、画中で集い交情を深める人たちなどがある。それらからは、描かれた対象同士のほか、作り手や鑑賞者の関係など、作品をめぐる人と人との親密なつながりが見て取れる。
本展では、1人、2人、3人といった少人数から賑わう人々まで、描かれた人の数に着目した展示を行う。単身像、群像における表現の変化を感じて頂き、人物図について思いを巡らせてほしい。他者との心や体の距離感を考えさせられる今日、密を厭わず一堂に会した画中の人びとの姿かたちを楽しめる展覧会。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る