2022イタリア・ボローニャ 国際絵本原画展(兵庫展)

兵庫県

1964年から続く、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」では毎年、絵本原画のコンクールが行われており、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募している。5点1組のイラストを用意すれば誰でも応募できる公募展で、絵本の専門家である審査員たちによって、すでに絵本として発表された作品も未発表のものも全て公平に審査される。
このコンクールで入選した作品を紹介する「ボローニャ国際絵本原画展」を、同館では1978年から毎年恒例の展覧会として開催してきた。コロナ禍以降2020年、2021年とオンラインで開催されていたブックフェアだったが、今年は3年ぶりにボローニャ現地で開催され、大変な賑わいを見せた。コンクールは今年もオンラインでの応募となり、過去最多の92カ国3,873組からの応募があった。その中から、日本人4人を含む29カ国78人が入選を果たした。本展では入選作全てを紹介する。
入選作の他にも、特別展示としてSM出版賞を受賞したサラ・マッツェッティ(2019年受賞/第10回)とチュオ・ペイシン(2021年受賞/第11回)の作品も展示する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る