ミュシャとおとぎの国の姫君たち

大阪府

本の挿絵から画業を始めたアルフォンス・ミュシャは、その生涯で数百の書籍に携わり、児童書や、新聞の連載小説、美麗な装飾本に記された多くの物語を彩ってきた。さらに演劇ポスター、壁画や油彩画においても、歴史や小説のワンシーンの表現を試みている。写実的な人物描写とドラマチックな構図によって、読者や観る者の想像力も掻き立てる、生命力溢れるキャラクター。本展では、ミュシャが描いた物語世界に注目。姫君たちの運命をたどりながらミュシャが描いた物語世界を7つのテーマで紹介。それぞれの作品の制作秘話も合わせ、ミュシャをとりまく物語の世界を堪能できる展覧会。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る