脚本家 黒澤明

東京都

映画監督・黒澤明は、幾多の名脚本家に支えられて次々と傑作映画を生み出したが、その若き日から、世界の文豪たちの影響を受けながら自身もシナリオを執筆することで成長した。この展覧会は黒澤のこうした側面に着目し、『七人の侍』(1954年)をはじめとする名作脚本の生成・変更の過程を分析し、また他の監督たちに提供した脚本、新たに発見された未映像化脚本も加えて、「シナリオ作家黒澤」の創作の秘密を解き明かそうとするもの。これまでドストエフスキー、シェイクスピア、山本周五郎と黒澤映画の関係についてはよく論じられてきたが、黒澤は、実はバルザックやそれ以外の多くの文学作品からも強いインスピレーションを受けている。
同館は、2010年の「生誕百年 映画監督 黒澤明」展のあとも、ポスター展「旅する黒澤明」(2018年)、「公開70周年記念 映画『羅生門』展」(2020年)と、展覧会を通じて黒澤映画の先端的な探求を推し進めてきた。黒澤作品の専門家の全面的な協力を得て、そのシナリオ術に照準を当てた本展は、その研究の最新形となるだろう。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る