国立民族学博物館コレクション ビーズ -つなぐ・かざる・みせる(石川展)

石川県

石川県七尾美術館初の民族文化に関する展示となる。国立民族学博物館所蔵資料を中心に、世界の様々なビーズを紹介する。
ビーズは個々の部材に穴をあけるなどしてつなげたもので、飾り玉・数珠玉・トンボ玉などは部材となる。今から12万年前に誕生して現在にいたるまで、人びとの美への希求や祈り、人と人とのつながりを示すものとして利用されてきた。素材は石・植物・貝・ガラスのほか、動物の歯や虫の羽根など幅広く、様々な世界が作り出される。
本展では、ビーズが私たち人類の作り出した最高傑作の一つとして捉え、つなぐ‐かざる‐みせるをキーワードとして、世界のビーズの魅力を紹介。また、桃山時代に活躍した能登七尾出身の絵師・長谷川等伯の作品で、ビーズの装飾品が描かれた仏画の複製画や、能登の考古遺跡からの出土資料も含め、約200点を一堂に展覧する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る