竹久夢二×マツオヒロミ ♥トキメキの大正浪漫♥

岡山県

大正浪漫を代表する詩人画家・竹久夢二(1884~1934)の作品は、時代を越えて今もアーティストやデザイナーに大きな影響を与えている。岡山で活動するマツオヒロミ(1980~)もその一人で、こどもの頃に夢二の作品に出会ったことがきっかけでイラストレーターになり、夢二に影響を受けた女性像が人気を博し著作本の執筆、書籍の装画など活動の幅を広げている。今回、夢二とマツオヒロミの時空を超えたコラボレーションの展覧会を開催する。
本マツオヒロミが選んだ夢二作品を多数展示し、マツオ氏の視点での夢二の魅力を紹介。「もしマツオヒロミが夢二の開店した港屋絵草紙店店主だったら」というコンセプトで、夢二作品を展示するコーナーも。マツオヒロミ作品からは夢二の「セノオ楽譜〈蘭燈〉」からインスピレーションを受けて描き下ろした新作《FANTASIA》を含め、初公開作品を多数展示する。
瀬戸内市にある別館の夢二生家記念館・少年山荘では「竹久夢二×マツオヒロミ―時間旅行―」をテーマに企画展を開催。夢二が生まれ16歳まで過ごした築約250年の茅葺屋根の「夢二生家記念館」と夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」の空間の中で竹久夢二、マツオヒロミの作品を通して時空を旅するかのような体験が楽しめる。マツオヒロミが本展のために特別に描き下ろした新作《青の思い出》も初公開する(10月2日まで)。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る