リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち―生きること、写すこと(富山展)

富山県

公式サイト

近年あらためて注目される、細密表現の「写実」。明治期の日本美術では、西洋から移入した写実と日本固有の表現が拮抗・共存した。
本展では、現代にも息づくそうした日本独自の写実の系譜を検証する。見世物興行で人気を博した松本喜三郎らの「生人形(いきにんぎょう)」などを導入部として、新たなリアルを模索する現代美術のゆくえを探る。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る