生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎

東京都

青木繁(1882~1911)と坂本繁二郎(1882~1969)は、ともに現在の福岡県久留米市に生まれ、同じ高等小学校で学び、同じ洋画塾で画家を志した。日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、それぞれに独自の作風を探求した。青木は東京美術学校(現東京藝術大学)在学中に画壇にデビューし、美術と文学において浪漫主義的風潮が高まる時代のなか、《海の幸》(1904年)で注目を集め、若くして評価される。しかし、華々しいデビューとは対照的に、晩年は九州各地を放浪し、中央画壇への復帰も叶わず短い生涯を終えた。一方、坂本は青木に触発されて上京し、数年遅れてデビューした。パリ留学後は、福岡へ戻り、87歳で亡くなるまで長きにわたって、馬、静物、月などを題材にこつこつと制作に励み、静謐な世界観を築いた。作風も性格も全く異なる二人ではありますが、互いを意識して切磋琢磨していたことは確かだろう。


生誕140年という記念すべき年に開催する本展は、約250点の作品で構成される。二人の特徴や関係をよく表す作品を中心にすえ、それぞれの生涯をときに交差させながら「ふたつの旅」をひもといていく。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る