特別展 日本の戦後彫刻

徳島県

徳島県立近代美術館の人間像をテーマとした彫刻のコレクションは、第二次世界大戦後の日本の彫刻の様相をある程度見渡すことができるようになりつつある。これに、相生森林美術館の木彫コレクションから抽象彫刻と人間像をテーマとした優品を加えて、1950年代から2000年代にかけての日本の彫刻の移り変わりを紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る