宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022

山梨県

世代を超えて愛される絵本を数多く生み出してきた月刊「こどものとも」。1956年に創刊し、子どもたちに上質な美術体験を与える絵本を生み出そうと、様々な芸術分野の第一線で活躍する作家たちを絵本づくりに巻き込んでいった。作家たちは、絵本づくりを重要な表現の場として、思い思いの手法や可能性を試した。また、そこからは、「ぐりとぐら」の山脇百合子に代表されるような、絵本を主な活動の舞台とする作家も育っていった。
本展では「こどものとも」を語るに欠かせない名作絵本の原画作品を多数展示。これらは、今日、芸術の一分野にまで高められ、子どものみならず大人にも愛好されるようになった絵本について、その原点と歩みを語ってくれることだろう。また、作家たちが心を込めて描いた原画作品の芸術的な豊かさに触れることで、絵本の世界の奥深さを改めて知る絶好の機会となるに違いない。
さらに本展には、同館所蔵のミレーの《種をまく人》にちなんで「そらいろのたね」(山脇百合子)が特別出品される。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る