特別企画展「シダネルとマルタンーフランス近代絵画 光と色彩の詩情」(鹿児島展)

鹿児島県

アンリ・ル・シダネル(1862~1939)とアンリ・マルタン(1860~1943)は、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスを中心に活躍し、人気を博した画家たちである。
2人は同時代の新しい芸術運動であった豊かな色彩や点描といった印象主義や新印象主義の表現技法、人間の内面に焦点を当てた象徴主義的な主題による表現を吸収し、お互いに独自の画風を築いた。
淡い光のフランス北部を制作の拠点としたシダネルは、黄昏時や月夜の仄かな光がゆらめく風景、だれもいない食卓など、余情に満ちた光景を抑制された色調で神秘的に表現した。日差しの強いフランス南部を制作の拠点としたマルタンは、明るい光に照らされた風景や人物を暗示的な表現で色鮮やかに描き、フランス国内の公共建築の壁画も数多く手がけた。
本展は、当時フランス美術界の中核を担いながらも、これまで紹介される機会が少なかった2人の画家による国内初の展覧会となる。同じ芸術観のもと、生涯にわたり親交を結んだ画家たちの、光と色彩が織りなす詩情豊かな作品世界が楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る