ライアン・ガンダー われらの時代のサイン

東京都

国際的な注目を集めるライアン・ガンダー(1976~)の東京で初めての大規模個展。ガンダーの作品は、日常生活で気に留めることすら忘れているあたりまえの物事への着目を出発点として、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像などそのジャンルは多岐にわたる。制作の背景には、「見る」ということについての考察や日常経験の鋭い分析など、知的な好奇心が満ちあふれていて、その作品は見る人の思考や創造力を刺激して、私たちにさまざまな問いを抱かせる。意外なもの同士を結びつけ、情報を部分的に隠蔽し、ユーモアをまじえて「そもそも」を考えるきっかけをつくるのは、ガンダーの作品の真骨頂だ。作品を前にすれば、思わずクスっとしたあとに、はっとするような発見が待っていることだろう。
本展は当初2021年に開催を予定していたが、コロナ禍により延期を余儀なくされた。しかし本人の申し出により「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」を代わりに開催し、絶妙な手法で同館の寺田コレクションに新しい光を当てた。困難な状況でも発想の転換でよいものを。これは「創造する力」を信じるガンダーを象徴するできごとでもあった。今回、満を持しての個展に加え、上階では再び「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」を開催。二つの展覧会をあわせて楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る