富山県美術館開館5周年記念 ミロ展―日本を夢みて

富山県

スペインのバルセロナで生まれた芸術家、ジュアン・ミロ(1893~1983)。20世紀を代表する巨匠としてその名は日本でも広く紹介されているが、ミロが若い頃から日本に憧れ、日本文化に造詣が深かったことはあまり知られていない。一方日本でも、ミロの作品は1930年代から紹介され、1940年には単行書が世界に先駆けて刊行されるなど、早い時期から人々に親しまれてきた。また、ミロは1966年の初来日以来、富山県出身の詩人・美術評論家の瀧口修造と親交を深め、ふたりによる共作も手がけている。
本展は、ミロと日本の関係に注目した初となる展覧会。スペイン、ニューヨーク、日本各地から集結するミロ作品、そしてアトリエに残された日本の民芸品や多彩な関連資料等を通じて、ミロ芸術と日本文化の意外なほどに深いつながりを紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る