生誕110年 傑作誕生・佐藤忠良

群馬県

宮城県に生まれた佐藤忠良(1912~2011)は、青年期までを北海道で過ごし、画家を志して上京。その後ロダンをはじめとするフランス近代彫刻に魅せられ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で彫刻を学び、卒業して間もなく新制作派協会(現・新制作協会)彫刻部の創立に参加した。戦時中、召集されて旧満州に渡り、3年間のシベリア抑留も経験する。復員後は一貫して具象彫刻の道を歩み、戦後の日本彫刻史に大きな足跡を残した。
本展は、佐藤忠良の三つの代表作に焦点を当てる。写実を深く追求し、日本人の手で初めて日本人の顔を表現したと高く評価された《群馬の人》、イタリアの近代彫刻に刺激を受け、当時の若い女性が身につけた衣服や帽子を活力あるポーズに取り込んだ《帽子・夏》、的確な描写力と場面展開によって1962年の刊行以来読み継がれているロングセラー絵本『おおきなかぶ』。これら三点の傑作の制作背景を、佐藤自身が収集したロダン、ムーア、マリーニなどの作品と、彼らについて語った言葉を手がかりに解き明かす。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る