没後25年記念特別企画 斎藤清版画展 飛翔するノスタルジア

群馬県

斎藤清(1907~1997)は、福島県会津に生まれ、明治・大正・昭和・平成の時代を駆け抜けた日本が誇る版画家。1936年、洋画家・安井曾太郎の木版画に触発され、油彩から版画制作を目指したのが版画家としての第一歩であった。明治末期から大正にかけて、自画・自刻・自摺を信条とする「創作版画」が普及するなか、斎藤清はそこから西洋の近代美術を読み取り、独自の表現によって戦後の日本現代版画の先駆けとなった。1949年、サロン・ド・プランタン展出品の《ミルク》が一等賞を受賞、これを境に頭角を現わし、国内外の作品展で入賞を果たすが、作品は海外で先行して評価された。独学で築き上げた創作版画は、日本の伝統表現と西洋美術を独創的な視点で融合した簡潔で詩的な画面構成を特徴とし、モチーフは多岐にわたる。
本展では、90年の生涯に作り上げた作品約1,600点から約90点を厳選して紹介。ノスタルジックかつモダンな斎藤清の作品世界が楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る