長谷川潔 1891-1980展 ― 日常にひそむ神秘 ―

東京都

長谷川潔は1910年代半ばに文芸同人雑誌『仮面』の版画家として創作活動を開始、1918年に日本を去って以来パリを拠点に活動した銅版画家。サロン・ドートンヌやフランス画家・版画家協会に所属してパリの画壇で高く評価されたほか、フランスでは文化勲章、日本では勲三等瑞宝章を授与されるなど、芸術家としての功績がたたえられている。同館では2018年度にこの版画家の展覧会を開催した。


本展は、その時の展覧会をベースに、最初期の作品から1970年代の銅版画までを年代順に展示するとともに、関連作家の作品も展示し、全体を165点で構成するもの。また挿絵本の優品である仏訳の『竹取物語』について、挿絵頁を可能な限り多く展示する。長谷川潔の深い精神性が反映された表現世界に今一度向き合うことができる展覧会。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る