ヨシタケシンスケ展かもしれない(兵庫展)

兵庫県

絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013年)以降、子どもから大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。
頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人々をひきつけている。
ヨシタケさんは絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきた。初の大規模個展となる本展では、作家の発想の源である小さなスケッチや絵本原画、本展のためにヨシタケさんが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上を展示し、作家の「頭のなか」をのぞいてみる。発想の豊かさに支えられたヨシタケさんの「かもしれない」展示空間を体感してほしい。

本展に先立ち、世田谷文学館で開かれた「ヨシタケシンスケ展かもしれない」の紹介記事はこちら↓


グッズも秀逸でした

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る