MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

東京都

現代の表現の一側面を切り取り、問いかけや議論の始まりを引き出すグループ展、MOTアニュアル。18回目となる本展では、大久保あり、工藤春香、高川和也、良知暁の4名のアーティストを迎え、言葉や物語を起点に、時代や社会から忘れられた存在にどのように輪郭を与えることができるのか、私たちの生活を取り巻く複雑に制度化された環境をどのように解像度をあげて捉えることができるのかを共に考える。各アーティストの新作を含めた映像、インスタレーションを展示する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る