開館15周年記念 800年遠忌記念特別展「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」

NEW
神奈川県

12世紀末から13世紀初頭にかけて活躍した仏師・運慶。
奈良・興福寺や、東大寺での造仏が広く知られているが、鎌倉時代における東国(関東地方)での仏教彫刻の展開を考えるうえでも、欠かせない存在である。
運慶は、鎌倉幕府という新政権と密接に結びつき、北条氏からの信頼を背景に、東国での活躍の場を得た。浄楽寺(横須賀市芦名)に残る1189年作の諸像をはじめ、横須賀ゆかり氏族・三浦一族の造仏にも関与している。その影響は、満願寺(横須賀市岩戸)に残る菩薩立像などにも及ぶ。
本展は、横須賀市内に残る運慶および運慶工房作と見られる仏像を中心に、前後する時期の仏像や書跡等、計約50点の文化財を展示し、三浦半島の歴史と文化に新たな光を当てる。
なお、本展は神奈川県立金沢文庫(10月7日~)との巡回展となっている。横須賀は三浦一族に、文庫は鎌倉幕府に、それぞれ重点を置いた展示内容とな、両方で一つの展覧会としても楽しめる。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る